コンフォーマルコーティングとは?期待できる効果についても解説

電子回路

コンフォーマルコーティングの防湿効果は長持ちする

半導体

電子回路やプリント基板の防湿のために行われるのがコンフォーマルコーティングです。コンフォーマルコーティングのおかげで精密部品を湿気から守ることができます。空気中のほんのわずかな水分でも故障する可能性があるほど精密な電子部品もコンフォーマルコーティングしておけば防湿は万全です。
コンフォーマルコーティングできになるのが持続力です。防湿コーティングで湿気対策は完ぺきにできてもどの程度効果が長持ちするかは知りたいところです。もし効果が短期間で切れてしまうのならばメンテナンスしてサイド防湿コーティングする必要がありますが、コンフォーマルコーティングの効果はどの程度自足するものなのでしょうか。
コンフォーマルコーティングの持続性は使用するコーティング剤の種類や環境によって変わります。プリント基板の防湿に広く使われているフッ素コーティングでプリント基板をコーティング処理した場合だと10~15年は十分防湿効果が持続します。
プリント基板の場合はコンフォーマルコーティングの効果が落ちる前に製品そのものが耐久性の限界に達することがほとんどです。一般的な使用をしているならコンフォーマルコーティングの持続力を気にする必要はない程度に長持ちします。

POSTLIST