コンフォーマルコーティングとは?期待できる効果についても解説

電子回路

水回り部分の防湿に使用されるコンフォーマルコーティング

拡大する

トイレやキッチンなどの水回り製品にも電子回路を搭載しているものが増えています。ハイテクトイレや昨日書きちんなど水回りの利便性を追求するには高機能製品の仕様が不可欠です。一昔前までは贅沢品というイメージが強かったものですが、低価格化が進んだ現在では水回りへの高機能製品設置は当たり前になっています。
水回りが清潔で便利になるのは喜ばしいことです。その一方、安全対策の重要性もましています。行動に電子化された製品に水分は大敵です。水道や配管からの水による影響だけでなく高い湿度による故障に対しても十分な対策が必須です。
水回り製品の防湿にはコンフォーマルコーティングが採用されています。コンフォーマルコーティングとはフッ素コーティングなどでプリント基板や電子部品をコーティングし湿気や水分から守る防湿処理です。
コンフォーマルコーティングを行うと防湿性能は飛躍的に高まります。湿気がたまりやすい水回り付近でも回路は故障することなく安全に使えます。水しぶきなどの水分も防いでくれるので高価な機器も長く安心して使えます。
普段意識することはありませんが水回り製品の電化がこれほどまでに進んだのはコンフォーマルコーティングのおかげと言っても過言ではありません。コンフォーマルコーティングは目に見えないところでがんばる縁の下の力持ち的存在です。

コンフォーマルコーティングによって得られる効果

基盤などを守るために欠かせない存在となっているのが、コンフォーマルコーティングです。防湿効果のあるフッ素コーティングを行うことで、水がかかっても基盤などの精密部品を守れる状態を作ることができます。

そんなコンフォーマルコーティングのメリットが、湿気や結露対策にも繋がることです。基盤に直接水がかからないように注意をしていても、気温や湿度の関係で基盤周りに多くの湿気が発生したり、結露ができてしまうことは少なくありません。コンフォーマルコーティングをしておけば、こうした想定外の湿気や水滴からも基盤など大切な部品をしっかりと守れるようになります。さらに、湿気や結露からも基盤や部品を守れる対策をしておけば、気温や湿度、環境に左右されることなく安心して機器を使い続けていくことができることにも繋がります。そのため、精密機械を作る際には、フォーマルコーティングが欠かせない存在となっています。

ただ、フォーマルコーティングが施されていても、水没させたり、長時間水分に触れ続ける環境では、不具合が起きてしまう可能性は残ります。それだけに、高い効果を期待できるコンフォーマルコーティングであっても、その効果を過信しすぎないことが大切です。

ハイパフォーマンスのコンフォーマルコーティング剤とは

精密機器は、基板の結露、マイグレーション現象などによる回路の短絡や漏電の為、動作不良を起こす事があります。
そのため、基板にコンフォーマルコーティングを施す事によって回路を保護し動作不良などの不具合を防ぎます。
コンフォーマルコーティング剤には様々な種類があります。
ウレタンコーティングは、基板用のコーティング剤としてごく一般的なタイプです。
ただし、防湿性があまり高く無いため効果を得るには被膜の厚みが必要となり基板が重くなりがちです。また、有機溶剤を含むので現場管理が必要となってきます。
シリコンコーティングは、防湿性が低く、組成によっては他部品へ接触不良などの影響を与える事もあり、注意を要します。
オレフィンコーティングは防湿性がウレタン系・シリコン系と比較すると高いというメリットがあります。ただし、ウレタン系同様、有機溶剤を含むため現場管理が必要となります。
そんな中で、最もコンフォーマルコーティング剤として高パフォーマンスであるのがフッ素コーティングです。
防湿性をはじめ、フッ素コーティングにより得られる被膜の性能は高く他タイプのコーティング剤と比較すると薄い被膜でも同等の性能が得られます。
そのため、フッ素コーティングを施した基板は軽く基盤不良が発生しにくいなどのメリットが見込めます。

POSTLIST